まだ間に合う若ハゲ治療

若ハゲの原因とはなにか

若ハゲの原因や症状とは

若ハゲと一様に言っても、症状はそれぞれ違います。

前頭部が薄くなってきてしまいM字ハゲっぽく髪の毛が後退してきたり、つむじの辺りからO字のように薄くなってきたりというのが、その一例です。

そういう私はというと最近明らかに毛が細くなりはじめ、抜け毛が増えてきました。ふと鏡でチェックしてみると生え際が2cmほど後退していたのです。
この症状というのは、男性型脱毛症の典型で若ハゲとよばれる男性型脱毛症を別名、「若年性脱毛症」と呼びます。

私の家族や親せきは、全員薄毛で悩んでいたので、自分もそうなるだろうとは覚悟していましたが、実際その状況になると、どうにかしたい!と思うものですね。

この若ハゲの原因は遺伝も大きく関係しているのですが、それだけではなくストレスや日ごろの生活習慣、毛穴周りの不清潔、カラー剤などによる脱色が原因となっていることがあります。

それらすべての原因が、融合して若ハゲを発症してしまっている可能性があります。それでは私の体験談にもとづき詳しく解説していきましょう。

・若ハゲになる理由とは
若ハゲは必ずしも遺伝的要素だけではありません。仮に原因が遺伝も含まれるとしても若ハゲになる確率は全体の30%程度で、そのほかの70%は遺伝以外のことが原因となっています。

たとえば、若い時によくやってしまいがちなブリーチによる脱色は毛根をかなり痛めつけてしまいます。その頻度が高ければ毛根が死滅してしまう恐れがあります。

食生活にしても毎日食べる食事の栄養素の偏りで若ハゲを誘発してしまいますし、夜更しによる睡眠不足やタバコ、お酒、日ごろのストレスが大きな若ハゲの原因となってしまいます。

新社会人でこれまでと大きく環境が変わった私は特にストレスが大きくかかっている自信がありますね。で、遅く帰ってコンビニでお弁当を買って帰るという、そんな生活を送っているのです・・

つまり、若ハゲとは日頃の生活習慣が頭皮に影響を与えてしまっていると言っても良いでしょう。

・若ハゲの前兆
若ハゲの前兆として、頭皮にかゆみがあったり大量のフケが出るようになったり頭皮に発疹ができてしまったりすると若ハゲの前兆かもしれません。

また、私のように生え際が後退したり、頭頂部のつむじ付近が薄くなってくることも若ハゲの前兆だといえるでしょう。そして頭部全体が髪の毛の間から地肌が見えてしまったりしても要注意です。

特に生え際の後退や頭頂部の薄毛は、ある程度若ハゲが進行していることが考えられるため、早急に育毛を考えなければなりません。

若ハゲは、放おっておいても治るものではありません。ぼやぼやしていると確実に若ハゲは進行し、今よりも酷くなる可能性が高いといえますよ。

© Copyright 若ハゲの原因とはなにか. All rights reserved.